「科学的知見」と「エビデンス」は、しばしば関連性を持ち合わせていますが、これらの用語は異なるニュアンスを持っています。以下に、その関連と相違点を説明します。

  1. エビデンス(証拠):

    • エビデンスは「証拠」としてのデータや情報を指します。これは、特定の主張や仮説をサポートするための実証的な情報となります。
    • 例として、医療の文脈では「エビデンスベースドメディシン(EBM)」というアプローチがあります。これは、治療方法や介入の効果を決定する際に、実際の臨床データや研究結果を基にしたエビデンス(証拠)を重視するアプローチです。
  2. 科学的知見:

    • 科学的知見は、科学的な手法を用いて得られた知識や理解を指します。この知見は、通常、実験、観察、研究などの方法で収集されたエビデンスに基づいています。
    • この知見は、単なるデータの集合ではなく、そのデータを解釈し、一般的な原則や理論に組み込んだものとなります。

関連性:

  • 科学的知見は、エビデンス(証拠)を基にして構築されます。言い換えれば、エビデンスは科学的知見を形成する基盤となるデータや情報であり、科学的知見はそのエビデンスの解釈や一般化です。

まとめ: エビデンスは「何があるか」を示すデータや情報であり、科学的知見はそれを「どう解釈するか」、「どういう意味があるか」を示すものです。科学的なアプローチや研究の背後には、エビデンスを集め、評価し、その意味を理解するプロセスがあります。

 35 total views,  2 views today

By OZ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です