冬は体が痒いの!という人に超おススメ♪【牡蛎入りクラムチャウダー】麻木久仁子の食べる温活

冬になると空気が乾燥して体が痒くなってきますよね。
そんな時には体に潤いを与える青物野菜をとって頂くことがおススメです。
でも実は青物野菜は体を冷やす作用があるんです。
でも青物野菜の中にも体を冷やさないものがあります。
それはチンゲン菜やニラです。
今回はチンゲン菜をたっぷり使います。

そして生姜。
生姜にしっかりと火を入れることで”普通の生姜”から”胃の腑を温める生姜”にします。

ということで、今回は体をしっかり温めながら、冬の乾燥に負けないような潤いも取り入れる、
牡蛎とアサリを使ったスープです。

【材料】(2人分)
牡蠣:80g(4粒)
アサリの水煮缶:1個
マッシュルーム:50g
ベーコン:20g
生姜:1かけ
長ネギ:40g
青梗菜:1/2株
牛乳:200ml
コンソメ顆粒:小さじ1/2

胡椒
バター20g
小麦粉:大さじ1
オリーブオイル:大さじ1
酒:大さじ1

【作り方】
①牡蠣はよく洗う。マッシュルームは薄切りに、ベーコンと長ネギはみじん切りに、生姜は細切りに、青梗菜は1cmに切り茎と葉に分ける。

②フライパンにオリーブオイル・ベーコン・生姜を入れて炒める。カリッとしたら長ネギ・マッシュルーム・青梗菜の茎・酒を加えて炒…

 64 total views,  2 views today

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です