就職活動までに一定の成果を残したい。就職活動後にも使える資格として、米国公認会計士(USCPA)の取得をおススメします。
米国公認会計士(USCPA)は英語で会計を勉強するため、英語と会計を掛け合わせたスキルなので、
英語が得意な人、会計(簿記)を勉強している人はたくさんいますが、英語で会計が出来る人は希少性を発揮できます。

大学生活4年間を超難関資格のために、フルコミットメントをするという選択肢もありますが、
課外活動での経験、コミュニティでの出会いなど大学生だからこそ得られる貴重な財産でもあります。

会計士という社会的信用のある資格を得つつ、大学生活も両立できる。
米国公認会計士(USCPA)はそんな資格の1つです。

USCPAについて、アビタスの石田さん、川添さんに詳しくお聞きしました。

アビキャリでは、プロフェッショナルキャリアへの就職・転職・資格取得を目指す方に情報発信を行っています。
会計・財務の知識を武器に広くキャリアを積み上げたいと思っている方に、おススメの内容です。

00:32 オープニング
01:30 なぜ学生が会計を学ぶと良いのか?
03:23 学生がUSPCAを取得するメリット
05:50 実際の学生の取得状況
07:05 就…

 59 total views,  5 views today

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です