1日3食って誰が決めた

これが私の真骨頂と大見得を切って
この記事を意気揚々と書き始めたが
ネットでは普通に出てたので
若干テンションが下がっている。
何れにせよ、異国人にも1日3食が大切と言われたので
国際的に刷り込みが行われている感じである。
1日1食をおすすめする、えっと思うだろう。
実はこれをはじめたらすこぶる調子が良い。
それは、減量(ダイエット)とお通じ
食事の内容だが、厳密に言うと
朝、昼をコーヒー、お茶、スープ程度にして
夜を普通に食事するという具合だ。
確かにおなかはすくが
趣味、仕事、やるべきものに集中していると
食べることが二の次になるという
面白い人間心理も出てきた。
まあ、まだ飢餓状態になっていないからだろうが。
過去、現代人は飽食の時代とか
今は肥満によるメタボ、生活習慣病とか
余った脂肪をスポーツやらジム、ジョギングで
エネルギーとして燃焼しようとするが
本末転倒のやり方である、私の考えでは。
食して喜ぶか、健康体で永らえるか
これは個人の信条とか生き方の問題なので
気持ちを抑えてこのくらいで今回は終わりにしよう。
sukuyakalunch.jpg
↑ 食生活改善推進委員さんによるすこやかランチ
↓応援クリックくださいな。

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

347 total views, 2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です