降って湧いたような面接・K社

書類選考で落とされっぱなしだったのが、
つい先日K社宛に応募したところ、突然、
降って湧いたように面接をしたいとの話がありました。
本来目標にしていた職業に近く職種としては同じもの。
当日面接場所付近に早めに来てしまったので、時間調整して定刻に到着。
来客とある駐車場に車を止める。陽射しが肌を刺すように痛い。
フロントガラスにシェードを取りつける。
本社窓口に向かって歩いていくと、男性が1名後ろから歩いてきました。
その方と一緒に試験場に通され、既にいた一人とで計3名が受験者。
面接メニューは
1.数学・英語 20分 小数点の計算:縦書きにして位取りに注意、
           落ち着いてやれば間違えることはないはず。
           分数計算:分子と分母を公約数で割っておく
           三角形:単位があるので忘れないこと
           円の面積:πr2、㎝2、円柱の体積:πr2×h、㎝3
           他、初級英会話の穴埋め          
2.適性試験  20分 5、60個の問題に「はい」から「いいえ」までの
           5段階で選択する。
           こうあるべきという思いと、いや、自分はそこまでいかない
           とか、微妙に葛藤しながら記入する。
3.面接       面接官2名 私は一番目で45分くらい。
印象をよく見せようと元気よく話をしたのですが、調子に乗って喋り過ぎたかも。
CIMG1376a2.jpg
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村・・・ご共感いただけたらクリックを

310 total views, 1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です