生体認証・クレジットカード

アランドロンのヒット作「太陽がいっぱい」で、彼の役である貧乏な青年トムは
資産家の放蕩息子であるフィリップを殺害した後、彼のサインを繰り返し繰り返し
真似て彼に成りすますシーンがありました。 哀愁をおびたテーマ曲とともに人間の
奥底に眠る狂気を見事に表現した作品でした。
本人の認証として欧米ではサインがあり、日本では印鑑があります。
クレジット等のカードでは暗証番号から始まり、最近では生体認証があります。
今後はこれらの技術が進むのでしょう。
ただ、これらはイタチゴッコで指の指紋でも、その型をつくって
擬似的に造ることも可能となるでしょう。
振り込め詐欺が起こる昨今では、本人さえ操られる始末。
私の持つカードは磁気カードで暗証番号のみのものがありますが
十分に機能を果たしています。
皆さんのカードはどうですか。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村













323 total views, 1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です